女性のキレイの基準には目元がぱっちりしているかどうかも含まれます。ケアプロストはまつ毛をバサバサのボリューム感で際立させてくれます。ケアプロストは通販で簡単に購入でき、使用方法は簡単なので美容を志す方にとってはオススメできる医薬品です。

逆まつ毛ってナニ?

逆さまつ毛は、外側にカールしているまつげが内側に生えたり、不揃いのために眼球の角膜にまつげが触れて、涙目になったり充血を引き起こしたり、目にゴミが入ったようにゴロゴロとして違和感を感じる症状です。
検査や治療は眼科で行なうことができます。
眼科ではまぶたの形、まつげが角膜に接触しているか、角膜が傷ついているかなどを診察し、まばたきの強度をかえたり、眼球の運動を見るなど様子をみることもあります。
対処法としては症状によって治療法が異なるため、眼科で治療することが良い方法です。
目に違和感があり、1本のまつげが内側に入っている場合でも無理矢理まつげを抜くことは良くありません。
目元はとてもデリケートな部分で、毛根が炎症して腫れたり痛みの原因になったり、まつげが生えてこなくなる可能性もあります。

逆さまつげになるとまつ毛が眼球に接触するため、目に傷を付ける恐れがあります。
これにより角膜炎や結膜炎を引き起こす要因になります。
角膜炎や結膜炎は視力低下につながることもあるため、放置したり自分でまつげを抜いたりすると症状が悪化する場合があり、最悪の場合は失明の恐れもあります。
早めに眼科を受診することが良い選択です。

逆さまつ毛は原因が目の病気と判断された場合、保険適用になる場合があります。
手術する場合も保険適用であれば両目で1万円前後で治療することができます。
軽度の場合は保険が適用されないこともあり、加齢が原因の場合などはまつげを抜く治療法になるケースもあるため、逆さまつげと気付いた場合は早めに眼科を受診します。

逆まつ毛の症状

逆さまつ毛の症状には、目の痛み、涙目、充血、ゴロゴロした違和感などがあります。
逆さまつ毛の症状は年代によって異なります。
1歳未満の赤ちゃんの逆さまつ毛の症状は、まつ毛が細く弱いため深刻な症状にはなりにくいですが、まつ毛が角膜にあたると細菌に感染することがあります。
赤ちゃんの場合は下瞼に脂肪が多く内向きになりやすい傾向があり、成長と共に改善することがあります。
3~5歳に成長すると目の下の脂肪が減少して、自然に治ることも多いです。

乳児の症状は成長するにつれて改善することが殆どですが、成長しても解消されない場合、角膜炎などのトラブルになるため、早めに受診させる必要があります。
加齢に伴う逆さまつ毛は皮膚がたるんで内側にめくれることで起きるもので、年齢と共に進行し角膜を傷つけるまつ毛の本数も増える傾向があります。

逆まつ毛の原因

逆さまつ毛の原因のひとつに睫毛乱生があります。
睫毛乱生はまつげの根本などに炎症が起きることで、まつげが不揃いに生えてしまうことが原因となり、内側に生えたまつ毛によって角膜が傷ついてしまいます。
睫毛乱生の他にも、眼瞼内反症が挙げられます。
これはまぶたが内側にまくれることが原因となり、接触したまつげが眼球を傷つけるケースで、先天的な場合と加齢による場合が考えられます。

先天性の逆さまつ毛は乳児期に起こるもので、まぶたの周辺の脂肪や皮膚が多く、皮膚に圧迫されたまつげが眼球を傷つけてしまいます。
成長すると改善することが殆どですが、改善が見られない場合は手術などで治療します。
加齢によって起こる逆さまつげの原因は、皮膚の筋力低下です。
皮膚の筋力低下によってまぶたの皮膚がたるみ、内側にめくれやすくなり、まつげが眼球に向かうため角膜などを傷つけてしまいます。