女性のキレイの基準には目元がぱっちりしているかどうかも含まれます。ケアプロストはまつ毛をバサバサのボリューム感で際立させてくれます。ケアプロストは通販で簡単に購入でき、使用方法は簡単なので美容を志す方にとってはオススメできる医薬品です。

日本人はまつ毛が貧相?

目元を華やかに見せようと思ったときアイメイクは欠かせません。
カールして量のあるまつ毛は目元にポイントを作り、見る人の視線を引き込みます。
そのために、何本ものマスカラやビューラーを使って何とか外国人のように作ろうと頑張っている方も多いのではないでしょうか。

外国人のようなカールした量の多いまつ毛にあこがれていますか?
お手本のようにやってみたのだけれど、長さも量も外国人の方とは違うのでどうしても不自然な仕上がりになってしまうのではないでしょうか。
あなたは自分が、日本人特有の本数がすくなくて短いタイプだから素敵な目元になれないと思っていませんか。

しかし、そんなことはありません。
だれでもポイントを抑えたアイメイクをすることで外国人のような長さと量に見せることができます。
いくつかの日本人のまつ毛の特徴を知って、ポイントを押さえたアイメイクをしていけばよいのです。
とくに繊細な目元のメイクアップには、まわりのメイクとの調和を考えたカラーを取り入れると、より一層引き立ちます。
あなたの目元をより魅力的に見せるために、どこに力を入れてメイクアップをしたらよいか見てみましょう。

ほとんどの日本人の方のまつ毛には外国人と違う特徴があります。
それは、角度が下向きに生えていることと、まっすぐ生えていること。
そのために、外国人のような目元を目指しても難しいのです。
ぱっちりした目元へと変えるメイクアップにするには、この特徴を考えてアイメイクをすれば、理想の形に近づけることができます。
日本人がアイメイクのメイクアップで力を入れるべき点は二つです。
一つは、角度が下向きに生えているまつげを、上に向けること。
もう一つは、アイメイク全体のカラーのテクニックを使って、長さと量があるように見せること。
この二つの点をおさえることで、自然なアイメイクになります。
それでは、そのポイントを押さえたメイクをするためにはどのような手順ですればよいのか見ていきましょう。

長さや量だけじゃなく角度まで違う?

日本人のまつ毛は、下向きにまっすぐな状態で生えていることが多いです。
これではいくら量が多くても、長さが長くても、瞳の輪郭を縁取るような形にはなってくれません。
まつ毛の角度を上向きにするためにビューラーを使います。
ホットカーラーでなくても大丈夫です。
ビューラーで3秒間押すようにして、うまく使いましょう。

カーラーの使い方の手順は次の通りです。
まつ毛の根元に目の輪郭に沿ってビューラーをあてます。
まず3秒間です。
カーラーをカールさせたい角度に回しながら、同じように3秒間ビューラーを押します。
まつ毛全体に上向きのカールを付けたら、もう一度まつ毛の根元を今度は5秒間ビューラーを当てて角度をつけます。
そのあとまつ毛の形状を維持するためにマスカラをし、もう一度まつ毛の根元を3秒間ビューラーで押します。
これで、下向きのまつ毛を上向きにカールさせて目の輪郭を縁取った華やかなまつ毛にすることができます。

つぎはまつ毛の量と長さをカバーしてみましょう。
それには、瞳のカラーを知ることが重要です。
瞳のカラーに合わせた色のマジックを使うことでできるメイクアップがあります。
カラーのぼかしのテクニックを使って、まつ毛の量をカバーするのです。

日本人の瞳は、黒から茶色っぽい人が多く大体は色が濃いです。
そのため、その濃い瞳の色に合わせたアイメイクの仕方が重要になってきます。
まつげが短いひとの場合、ビューラーで押さえようとしても痛い思いをすることがあります。

そのような方でも、まつげに長さとボリュームを持たせることができる、アイメイク用品を使う技術があります。
櫛状のマスカラを用意します。
マスカラをつけ、アイシャドウと同じパウダーをマスカラの上からまぶします。
最初のマスカラが乾いたら、もう一度櫛状のマスカラで整えます。
アイシャドウの色をマスカラにも乗せることで、色の錯覚で量のボリュームアップができているように見えるのです。
また、細かいパウダーをボリューム調節に使うことでマスカラのつけすぎになりにくくなります。
櫛状のマスカラは、長さと量をコントロールするのに適しています。