女性のキレイの基準には目元がぱっちりしているかどうかも含まれます。ケアプロストはまつ毛をバサバサのボリューム感で際立させてくれます。ケアプロストは通販で簡単に購入でき、使用方法は簡単なので美容を志す方にとってはオススメできる医薬品です。

ケアプロストプラスってなに?

パッチリとした印象的な目元は美しさに必須のアイテム。
とはいえ、マスカラやまつげエクステで頑張りすぎていると自まつ毛そのものが弱って抜けてしまうことも。
それに元々薄い方もいます。
だからといってあきらめることはありません。
こんなときほどケアプロストプラスがおすすめなのです。

ケアプロストプラスは元々はケアプロストにある成分をプラスして更にパワーアップしたまつ毛用の美容液です。
とはいえ、本来は眼圧を下げて緑内障の治療をするために使用される目薬です。
目の中の水分が多くなり眼圧が高くなるのをコントロールするための成分が入っているのです。

まつ毛を育毛するという副作用を持つことからパッチリ目元を作り出すのにおすすめとも言われているのです。
医薬品であり、本来の用途以外で使用することになるため、ケアプロストやケアプロストプラスを使用する際は医師や薬剤師に使用方法を確認の上で利用してください。
それが面倒だというのであれば個人輸入代行を利用すると言う手もあります。
それだと診察料もかかりませんし、自宅にいながらにして購入できます。
ドラッグストアなどで売られているまつ毛美容液と違い、医薬品で臨床試験によってまつ毛が伸びるという副作用が証明されている以上、効果のほどは実証済みです。
手持ちのまつ毛美容液をずっと試してきたけれど、効果が感じられなかったという方は、ケアプロスト・あるいはケアプロストプラスで長くて太い健康的なまつげを手に入れてください。

ただし、色素沈着や眼のかぶれ・充血などの副作用の危険性もあるため使用方法はきちんと守りましょう。
まつ毛にのみ塗るようにし、アプリケーターは片目に使用したら使い捨てでもう片方の目には新しいアプリケーターを使用するようにしましょう。
捨てずに毎日使うのも危険です。
感染防止のため、このルールを守ることは重要です。
もし何らかの副作用が感じられたら、早めに病院で診断してもらいましょう。

ケアプロストとケアプロストプラスの違い

ケアプロストプラスですが、ケアプロストと比べて何がプラスになっているのでしょう。
眼圧を下げるための有効成分ビマトプロストはどちらも同じです。
眼球を満たす液体・房水流出を促進させることで眼圧を下げ、緑内障による視野の悪化を抑えるのです。

ケアプロストにプラスで含まれているのは「マレイン酸チモロール」という成分です。
こちらも緑内障や高眼圧症治療に使われる成分です。
交感神経のβ受容体を遮断して房水産出を抑えます。
すなわち、似た働きを持つ成分が更に増えたというわけです。
ただし、まつ毛育毛効果を持つ成分が増えるだけでなく眼圧を下げる効果を持つ成分も増えることから一重まぶただった方が二重まぶたになるという例もあり、更にはケアプロストプラスの方がその例は多く報告されています。
もちろん、長いまつ毛にプラスして二重まぶたになれば、更に目元のパッチリ感はアップするため良くない副作用というわけではないのですが、そうなる可能性が高いことは知っておいた方がよいでしょう。

ケアプロストプラスというと育毛効果パワーアップというイメージがありますが、緑内障を治すための効果がパワーアップしているということであり育毛にはそれほどの違いはありません。
お値段や使いやすさでどちらが良いか好みの方を選んでください。
違った成分が入っている以上は、体質によってはどちらかがよりよく効果が出るということもあるかもしれませんね。
二重まぶたも狙うならケアプロストプラスの方です。

どちらも医薬品のため市販はされておらず、楽天やAmazonでも取り扱っていません。
慢性的に品薄状態が続いているため、どちらかでも手に入ったほうをとりあえず試してみるというのでもいいかもしれません。