女性のキレイの基準には目元がぱっちりしているかどうかも含まれます。ケアプロストはまつ毛をバサバサのボリューム感で際立させてくれます。ケアプロストは通販で簡単に購入でき、使用方法は簡単なので美容を志す方にとってはオススメできる医薬品です。

ケアプロストを使うと色素沈着する?

まつげを増やして、ボリュームアップをさせるには、ケアプロストがおすすめです。
ケアプロストに含まれている成分は、ビマトプロストと呼ばれているもので、元々は緑内障の治療に使われている有効成分です。
緑内障の方は、目の中の水分過多によって眼圧が高まる傾向にあるのが一般的で、その治療のために目の中の水分を押さえるなど、コントロールするために開発されたものです。
臨床試験などでまつげへの育毛効果が認められ、現在ではまつげのボリュームアップを目的に使われることが多くあります。

ケアプロストは、ジェネリック製品のため、リーズナブルな価格で購入することができます。
米国食品医薬品局からも許可を受けている製品のため、安全面でも信頼がおける医薬品といえます。
ケアプロストは、副作用のひとつとして、目元の色素沈着があげられます。
まぶたのアイライン付近は粘膜に近いことから、デリケートな性質をもっています。
そのため、黒ずみなどの色素沈着がおきてしまう場合や、目のかゆみ、充血、かぶれが生じる可能性もあります。
色素沈着や黒ずみは、一時的にケアプロストの使用を控えたり、使用する間隔をあけることで元に戻りますので、自分の目のまわりの状態をよく見ながら使用することがポイントです。

使い方は基本的には一日に一回です。
寝る前にメイクを落とし、スキンケアを行った後に使用します。
コンタクトレンズをしている場合にははずしてから使用しましょう。
容器の口に触れないよう、アプリケーターにケアプロストを一滴落とします。
そしてまつげの付け根やアイラインの際に軽くひと塗りします。
目に入らないように注意しながら行うことがポイントです。
アプリケーターは一回ごとの使い捨てとなっています。
アイラインブラシなどをエタノールで消毒して使用してもよいでしょう。
綿棒などは液を多く含んでしまい、コストパフォーマンスが悪くなる可能性が高まりますので、さけるとよいでしょう。

色素沈着を防ぐには

ケアプロストは、主成分のビマトプロストによってメラニン過多の状態になる場合があります。
その結果、まつげのボリュームアップと共に、色素沈着をしてしまう可能性もあります。
色素沈着を防ぐには、ケアプロストのつけすぎに注意することがポイントです。
まつげの付け根やアイラインの際に何度も塗ってしまうと色が沈着する可能性が高まります。
また、目に入ってしまう場合にも充血などのトラブルの原因となりますので、気をつけましょう。
つけすぎた場合にはティッシュでオフしましょう。

ケアプロストは、通常通りに使用することで3ミリリットルで1ヶ月ほどもつ製品ですので、目安にするとよいでしょう。
また、まつげの抜け替わりのタイミングでは使用をひかえることも色素沈着を防ぐポイントです。
毛は一定の周期で生え変わりますので、抜け替わりのタイミングで元の状態に戻る場合があります。
生え変わった時から再度使用を開始するとよいでしょう。

また、使用するときには下まつげには使わないことをおすすめします。
下まつげ側に色素沈着がおきた場合には、クマのように見えてしまう可能性が高まりますので、上のまつげに使用しましょう。
塗り終わった塗布用のブラシは一度使用したら破棄し、毎回新しいブラシを使って塗りましょう。
まつげの根元以外に薬剤を付着させないように気をつけることが予防法です。
万が一薬剤がついた場合には、すぐに拭き取ることをおすすめします。

さらに、まぶたにクリームを塗ってからケアプロストを使用することで色素沈着を防ぐことができます。
マスキングの役割をクリームがはたします。
ケアプロストを塗った後は、クリームをふきとりましょう。
予防法を守っても色素沈着をしてしまう場合には、使用頻度を2日から3日に一度というペースにするのもおすすめです。