女性のキレイの基準には目元がぱっちりしているかどうかも含まれます。ケアプロストはまつ毛をバサバサのボリューム感で際立させてくれます。ケアプロストは通販で簡単に購入でき、使用方法は簡単なので美容を志す方にとってはオススメできる医薬品です。

ケアプロストは眉毛にも使えるの?

ケアプロストはまつ毛を育毛し、ボリュームアップを目的に使用することが有名ですが、眉毛にも使用することができます。
眉毛は剃りすぎや抜き過ぎなどで薄くなってしまっている場合、欠けた眉毛を修復するのに役立てることができます。

ケアプロストは、毛包と呼ばれている器官に刺激を与えることで、育毛を促す作用があります。
毛包は、毛を製造している器官で、刺激を与えられると、毛が育つ成長期が長くなるのが特徴です。
まつ毛や眉毛に毛包は存在しているため、まつ毛だけでなく、眉毛にもケアプロストは有効的にはたらきかけることができます。

女性はもちろんのこと、男性にも使用することができます。
メイクでカバーしにくいという男性にも人気となっています。

ケアプロストは、処方薬のため、市販はされていません。
病院で診察を受けたあとに出されるルミガンと呼ばれている薬のジェネリック医薬品となっています。
病院で処方してもらう、もしくは処方箋医薬品を取り扱っている通販サイトなどで購入することができます。
使用法を守って適切に使うことをおすすめします。

ケアプロストには専用のアプリケーターがあります。
綿棒を使用して塗ることも可能ですが、よりぬりやすいのは専用のアプリケーターですので、安全に使用するためにも購入することをおすすめします。
その他に必要なものはコットン、もしくはティッシュのみです。
少ない量で長い期間使用することができるため、コストパフォーマンスもよいのが特徴です。

まつ毛や眉毛は生え変わりを繰り返しているため、常にボリュームアップをしたい場合には、ケアプロストを継続して使用することをおすすめします。
色素沈着などが気になった場合には、毎日使用せずに2日から3日に一度にする、もしくは、一時的に使用を控えるとよいでしょう。
使用を控えれば、色素沈着した部位は元に戻っていきます。
顔の印象を大きく左右する眉毛のケアに是非ケアプロストを使用してみてはいかがでしょうか。

ケアプロストを眉毛に使う時の注意点

ケアプロストを眉毛に使う際には、一日一回が基本です。
就寝前に、ケアプロストを眉毛のケアしたい部位に丁寧に塗ります。
ケアしたい部位以外に液体がついてしまった際には、すぐにしっかり拭き取るようにすることが大切です。
ほかの部分に液体がついてしまうと、その部位の産毛が育ち、濃くなる可能性があるため、気をつけましょう。

まつ毛と眉毛の両方のケアをしたい場合には、まつ毛から塗るようにしましょう。
眉毛には雑菌がつきやすい性質があるため、眉毛に先に塗ってしまうと、まつ毛に塗った際に雑菌が目の中に入ってしまう可能性が高まるためです。
使用をする際には、メイクをしっかり落として目元のお肌を清潔な状態にしておくことがポイントです。
コンタクトレンズをしている場合にはあらかじめはずしておきましょう。

アプリケーターにケアプロストを一滴だけ垂らし、ケアをしたい部位に塗るだけで完了します。
大量につけてしまうと、皮膚に付着する可能性が高まります。
皮膚に付着してしまうと、色素沈着や黒ずみなどの原因になりますので、気をつけましょう。
ケアプロストを塗る前に、眉毛のケアしたい部位以外にクリームやワセリンなどを塗り、保護しておくと、お肌に薬品がつくのを防ぐことができます。
ケアプロストを塗った後は、クリームやワセリンをしっかり拭き取りましょう。

ケアプロストのその他の効果として、眼圧が下がり、まぶたの緊張がほぐれてやわらかくなることで、顔全体のむくみや、まぶたの脂肪をとるなどの効果がでる場合があります。
そのため、まぶたが軽くなったことによって二重まぶたになる場合もあります。
この効果はケアプロストの主成分として使用されているビマトプロストと呼ばれている成分の作用です。