女性のキレイの基準には目元がぱっちりしているかどうかも含まれます。ケアプロストはまつ毛をバサバサのボリューム感で際立させてくれます。ケアプロストは通販で簡単に購入でき、使用方法は簡単なので美容を志す方にとってはオススメできる医薬品です。

まつ毛植毛があるのを知っていますか?

まつ毛の植毛はどのようなものかと言いますと、自分の髪の毛を植毛し、自分のまつ毛を増やす方法です。
植毛された毛が定着するのかが肝心なんですが、生着すれば自分のまつ毛になり、まつ毛が抜けても又生えてきますので、植毛したら一度きりではないです。
なので、まつ毛を増やしたい人にとっては、画期的な方法です。

自分の髪の毛を使用する場合は、植毛してもいい感じでなじみますし、太くて長いまつげが生えてきて、目力もアップします。
量が少ないとか、細くてあるのかどうか目立たない、生えているけど部分的に無いなど悩んでいる人も、悩みを解消することが可能です。
もっとボリュームをもたせたいとか、下まつ毛も生やしたい人にも、この方法であれば実現可能です。

生着率は、個人差があり、約80%ぐらいと言われています。
数字から見ると、比較的多いです。
植毛手術の方法は、採取した毛根つきの毛を、1本1本医療用の針で植えるニードル法になります。
出血が少なく植毛部の傷も残りにくく目立たないので、綺麗に植毛することができます。
点眼麻酔と部分麻酔をした後、なるべく痛みを少なくして施術します。

施術後は、数週間で植毛した毛が抜け落ちますが、数ヶ月後に再び生えてきます。
だんだん長く濃い毛へと、成長していきます。
基本的に永久に、まつ毛が生えて、自分のまつ毛として生着します。
上まつげに植毛する場合は、自分のものよりもやや下向きになります。
下まつ毛に植毛すると、上向きになり角度調整が難しい面があります。

植毛は自毛を使う場合と、ドナーの方の毛を使う方法と選択できます。
自分の毛を使うのであれば、頭部の髪の毛を、皮膚と一緒に約1×3センチ採取しなければいけないので、怖くて抵抗があるとか不安であれば、ドナーの人の毛で施術をするほうがいいかもしれません。
施術は約1時間ほど、日帰りで終わります。
施術後は、まつげの負担になるようなことをしないようにします。

まつ毛植毛のリスクと料金について

リスクとしては施術後、腫れが出るため、目など触る際は、気をつける必要があります。
アイメイクはしないようにしなければいけないので、仕事勤めの人は、化粧無しで他の人に見られることになります。
スッピン顔を見せたくない人は、施術予定を調整する必要があります。
又、顔を洗顔する際も、施術した部分は、慎重に気をつかいながら洗うことになります。

腫れのリスクを早く引かせるために、お風呂での長湯や、お酒などのアルコールを飲んだり、スポーツなど激しい運動は、避けるようにした方がいいです。
植毛した後のリスクとしては、数週間後に植毛した毛の一部が、一旦抜けるので、この期間はまつ毛が少ない状態になるので、納得して施術しないと、自分の目やまつ毛を見ておどろいてしまうでしょう。
下まつ毛の場合、リスクとして「逆さまつ毛」になることもあると言えます。
自分が理想に思っていたイメージと、違う結果になるかもしれません。
又上まつげのリスクは、角度が下向きなので、自分でカールするなどして、角度調整する必要があります。

まつげ植毛の施術料金についてですが、病院や美容外科にもよりますが、約30~50万円程度が一般的な料金となっています。
比較的高めの、料金設定と言えます。
何故かと言いますと、技術的に難しいので、どうしても料金が高くなってしまうようです。
施術をしたいのであれば、ある程度貯金をしてお金を貯めて、初めは病院や美容外科に相談すると、失敗もなく確実です。

一度生着してしまえば、半永久的にまつ毛が生えてくるので、一生ものだと考えれば、高い料金ではないかもしれません。
まつ毛が無くて悩んでいる人は、素敵な目元にし、他人の目も気にならない生活を送る、一つの手段となるでしょう。